トップへ » 診療科目 » 一般歯科

虫歯治療で最重要なのは「早期発見・早期治療」です

歯科治療は早期発見・メンテナンスが大切です。進行状況や治療方法を確認し、自己管理に努めましょう。

画像大

「冷たい物が歯にしみる」「歯の色が少し変わった」。そんな自覚症状があるにも関わらず、痛みがないからと放置していませんか?その後、「あのとき歯医者に行っていればよかった」と後悔したことも多いはず。

風邪などの軽い体調不良とは違い、虫歯は体力や免疫力で自然治癒するものではありません。虫歯は一度進行してしまったら元どおりになることは決してないのです。

「早期発見・早期治療」は虫歯治療の要
虫歯になってしまった後に後悔しないため、最も大切なのは「早期発見・早期治療」です。
虫歯治療は、発見が早期になるほど患者さまの身体、そして期間や費用面での負担が大幅に軽減されます。しみたり痛みを伴う段階では虫歯はかなり進行していますので、些細なことであっても見た目の変化や違和感を覚えたらすぐにご相談ください。

虫歯はどうやってできる?

虫歯はどうやってできる?口腔内に細菌が繁殖し、食べ物に含まれる糖質を餌に発生した酸が、歯の表面を溶かして穴を開けていく状態を一般的に虫歯と言います。そして、こういった虫歯ができる過程を「脱灰(だっかい)」と呼びます。

初期の脱灰であれば、唾液に含まれるカルシウムやリンによって修復することができます。この現象を「再石灰化(さいせきかいか)」と呼びます。食事をする度に、口の中では「脱灰」と「再石灰化」が日常的に繰り返されているのです。

こういった「脱灰」と「再石灰化」のバランスが取れている場合は虫歯になりにくい状態と言えます。ですから、毎日の歯磨きの徹底や、必要以上の糖質摂取を控えることなど、健康的な食生活への改善が一番の虫歯予防となります。

ですが、脱灰に再石灰化が追いつかなくなり、初期の状況以上に進行してしまった脱灰=虫歯は、二度と自然治癒することはありません。ですので、そのような状態になってしまったら早めに歯科医院に通うことをおすすめします。

虫歯の進行状態と治療方法

虫歯の進行状態は一般的に、Co~C4の4段階に分けられます。「C」とは、専門用語で虫歯を指す「カリエス」の頭文字です。進行具合によって治療内容も変化しますので、段階ごとの状態と治療方法を認識しておくことも大切です。

Co(シーオー:初期う触)co
歯の表面が溶けはじめた虫歯の初期状態です。この段階でしたら、フッ素入りの歯磨き粉を使ったきちんとした歯磨きで、再石灰化が可能です。

C1(エナメル質う触)c1
歯の表面を覆うエナメル質が虫歯菌によって溶かされ、小さな穴ができた状態です。エナメル質の下の象牙質まで達していないので痛みは伴いません。この段階ですと、虫歯の部分を削り保険適用内の白い詰め物をします。

C2(象牙質う触)c2
象牙質まで虫歯が達している状態です。冷たいものや甘いものが染みることがあり、触ると痛みを感じますので、治療には麻酔を要します。範囲が小さい虫歯には保険適用内の白い詰め物をして完了。虫歯が歯の深部にまで達している場合には、麻酔をして患部を削り型を取り、製作した詰め物を装着します。

C3(神経まで達したう触)c3
虫歯がエナメル質と象牙質を溶かして神経まで達した状態で、激しい痛みを伴うことも多いです。神経が壊死してしまうと細菌が根の外で炎症を起こし膿が出たり、歯ぐきが大きく腫れてしまいます。この段階になると根管治療が必要です。麻酔をして壊死した神経や膿を取り除き、歯の根の中をキレイにしてから被せ物をします。

C4(残根状態)c4
歯のほとんどがなくなり根だけが残っている状態です。治療可能な歯質が残っている場合は根管治療を行ってから被せ物をします。ですが、悪化している場合は抜歯を余儀なくされるケースも多いです。

【根管治療】歯の神経も丁寧に治療します

根管治療菌が神経まで達してしまうような過度な虫歯は、食事が思うように取れなくなったり、頬やリンパが腫れて常に痛みを伴い、日常生活に支障をきたしてしまいます。

そこで、神経が菌に侵されてしまった場合には神経と神経の通る「根管」を洗浄・殺菌します。キレイに洗浄・殺菌した後は、殺菌剤を詰めてしっかりと密封します。菌の浸食具合によって、消毒に必要な時間は変わってきます。

また治療が完了しても、一度治療した歯や神経は再感染しやすくなってしまいます。定期的なメンテナンスや予防、自己管理をしっかりと行いましょう。


トップへ » 診療科目 » 一般歯科


PAGE TOP