トップへ » 診療科目 » 歯周病治療

お薬で歯周病を改善する最新の歯周病治療

歯が抜け落ちてしまう歯周病。悪化すれば早産や心臓発作を引き起こす可能性もあります。お薬の服用で原因菌を徹底除去する「歯周内科」をおすすめします。

歯周病治療

「歯ぐきから血が出る」、「歯磨きをすると痛みがある」、「口臭が気になる」、「寝起きに口の中がネバネバする」。こんな症状でお困りのあなた、それは「歯周病」かもしれません。

歯を支えている歯肉や歯槽骨が少しずつ破壊されていくお口の病気を歯周病と言います。歯周病は、お口の中にある細菌が引き起こす感染症の一種です。

歯周病はどうやって進行する?

歯周病の進行【STEP1】口の中の汚れや歯垢が石灰化し歯石に変わる
次へ
【STEP2】歯周ポケットと呼ばれる、歯と歯肉の溝が深くなり細菌の温床となる
次へ
【STEP3】そうやってできた細菌が歯肉の炎症を起こし、歯周ポケットの奥深くまで広がる
次へ
【STEP4】細菌によって歯根膜や歯槽骨まで溶かされてしまい歯を支えきれなくなる
次へ
【STEP5】支えを失った歯がグラグラしてくる

STEP5まで進行してしまうと、一般的な治療での完治は難しくなります。歯周病を放置してしまうと最終的には歯を失ってしまうこともあります。

歯周病になる原因と、歯周病がなかなか完治しなかった理由

歯周内科とは?みなさんは、18歳以上のほとんどの人が歯周病菌に感染している事実をご存知ですか?口臭やねばつき、歯肉の腫れや出血...。これらすべて歯周病の症状なのです。

症状や進行具合にもよりますが、毎日の歯磨きや歯科医院での定期的なメンテナンスだけでは歯周病対策にはなりません。そこで現在注目を浴びているのが「歯周内科」です。

歯周内科とは?

歯周内科とは?これまでの歯周病治療では、歯周病の原因である菌を消すことができませんでした。歯ブラシの訓練や歯石除去、外科治療など痛い思いをしながら、何ヶ月もかけて治療をするのが当たり前。それでも、ブラッシングをちょっとサボると悪化してしまったりという繰り返しでした。

そこでおすすめしたいのが歯周内科。これまでの歯周病治療とは異なり、お薬を服用した治療で歯周病の原因菌に直接作用することができます。歯石を除去する前に内服薬によってカビや歯周病菌を除菌するのです。

この治療法は、歯周病によって歯ぐきや溶かされた顎骨が受けたダメージを再生可能にしました。抜歯するしかないグラグラになってしまった歯であっても、「歯周内科」ならば残すことが出来るのです。

お口のカビって?撃退法は?
歯周病の原因の一つとされる、口の中の「カビ」。直接的な原因にはなりませんが、歯周病菌の住み家となって守ってしまう役割を持ちます。口の中にカビがあると、歯磨き粉などに含まれている薬用成分が歯周病菌に届かないのです。

厄介なことに、このカビ自体は歯磨き粉に含まれている薬用成分では死滅してくれません。ですので、治療にはカビ除菌用の特殊な薬が必要となります。

歯周内科治療の流れ

歯周内科治療の流れ【STEP1】歯垢除去
・口の中にある歯垢(プラーク)の除去
・除去した歯垢を顕微鏡でチェックし菌の存在・種類・量などを調べる
次へ
【STEP2】除菌
・カビを殺す歯磨き剤によるブラッシング指導
・歯周病菌を殺菌する内服薬の処方
・特殊な消毒薬を用いた菌や歯周ポケットの洗浄
次へ
【STEP3】検査・歯磨き
10日~14日程度、ブラッシングと薬の服用の継続
 ↓
再度顕微鏡での検査
 ↓
除菌確認後、特殊な歯磨き剤を用いた歯磨き(1か月程)
 ↓
歯石などの通常の汚れの取り除き

歯周病と全身疾患

歯がグラグラして抜けてしまう歯の病気だった歯周病。しかし近年、歯周病と全身的疾患との関係が指摘されています。

誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)との関係
寝たきりや高齢による抵抗力の低下が進むと、口腔内に大量の歯周病菌が発生します。その結果、誤嚥性肺炎を発症する可能性が出てきます。

早産や低体重児との関係
歯周病菌による口腔内の炎症が血管を通して全身に回ることがあります。そうすると、羊水にも影響を及ぼし早産や低体重児の原因となってしまいます。

心臓発作(心筋梗塞)との関係
重度の歯周病に侵されてしまうと、歯周病菌が血管内にまで入り込み血液と共に全身の臓器に侵入してしまいます。歯周病菌の一種である、血栓(血のかたまり)を作る作用で、心臓の血管を詰まらせ心臓発作を引き起こすこともあります。


トップへ » 診療科目 » 歯周病治療


PAGE TOP