トップへ » 診療科目 » 審美歯科

理想的な歯や歯並びを実現するのが審美歯科

見た目の美しさも重要な歯。審美歯科で、白い歯やキレイな歯並びを手に入れることができます。

審美歯科

歯の黄ばみや銀の詰め物、不自然な歯並び・・・。そんな歯の「見た目」のお悩みを解消しキレイに整えるのが審美歯科です。芸能人のような真っ白な歯や理想的な歯並びを、痛みなく短期間で手に入れたいとお考えの方は一度当院にご相談ください。

<こんな方におすすめ!>
●営業職、接客業、管理職のに就かれている方
●ビジネスで成績アップを目指す方
●タバコやコーヒー、お茶、赤ワインを好まれる方
●口臭が気になる方
●清潔感のある歯を手に入れたい方
●歯の健康に気を遣う方
●自分磨きをしたい方
●挙式や同窓会、パーティーなど大事イベントを控えた方

審美歯科とは?

審美歯科とは?審美歯科とは、歯の白さや歯並びといった「美しさ」に焦点を当てた歯科医療です。もちろん見た目の美しさだけを追求するわけではありません。歯本来の役割である機能をしっかり保った上で、一人ひとりが持つお顔の雰囲気との調和を考え、治療します。

つまり一般歯科の技術に加え、歯科医師のデザイン力やカウンセリング力、そして豊富な臨床経験などが必要不可欠となる治療なのです。当院では、患者さまのご要望に合わせた見た目を追求しながら、噛み合わせや咀嚼などの機能面も重視した審美歯科を行っています。
 

審美歯科は「自費診療」です

審美歯科は「自費診療」です歯科治療には、健康保険の適用が可能な「保険診療」と保険適用外の「自費診療」があります。保険内と保険外の治療の違いはとても複雑ですので、経済的負担も考慮しながら慎重に選択してください。

当院では、「ここは保険で」「ここは自費で部分的に詰め物を入れたい」など、予算に応じた細かいプランニングが可能です。些細なことまでしっかりと相談しながら決めていきましょう。

保険診療とは
健康な生活を送るための「一般的な治療」を行う場合に適用されます。

<治療内容例>
●審美治療(レジン、金属使用)
●歯周病治療(歯肉の検査、歯石除去、歯周外科治療)

自費治療とは
歯をより美しくしたい、より快適にしたいといった治療の場合、保険適用外(自費診療)となることが多いです。

<治療内容例>
●審美歯科治療(セラミックなど)
●歯周病治療(生活習慣病の改善、クリーニング)

セレック治療を導入

セレック当院では、最先端機器「セレックシステム」の導入により、審美・美容意識の高い患者さまの声にお応えしております。

「セレックシステム」とは、高精度3Dコンピュータによって、詰め物や差し歯を院内にて設計・加工できるものです。しかも、規格生産された高品質な「新セラミックブロック」での作製が可能。天然歯に限りなく近い色と質感、そして耐久性の高い歯を手に入れることができます。

<こんな方におすすめ>
●短期間の治療が希望の方
●白くてきれいな歯を手に入れたい方
●銀歯が気になる方
●金属アレルギーをお持ちの方
●治療費用を抑えて審美歯科治療を受けたい方
●高精度な治療を希望されている方

「短期間&リーズナブル」実現の理由

セレックセレックシステムは、医療先進国ドイツからやってきた歯の修復物を設計・製作するCAD/CAMシステムです。コンピュータ制御によって修復物を作製するので、歯型を取る必要がありません。

歯科技工所へ依頼する必要がなく、院内で修復物を作製することができるのが特徴ですので、一般的な修復物よりも費用を抑えることができます。しかも最短1日の治療時間で済むことも好評です。

セレック治療の流れ

1日で治療が完了してしまうセレックシステムの流れをご紹介します。

【STEP1】スキャン(型取り)セレック治療の流れ
まず治療する部分を削り、3D光学カメラを使用し患部を撮影(スキャン)。型取りの不快感を味わうことなく数秒の作業で患部の歯列がモニター上に再現されます。(※症例により型取りが必要な場合もあります)

次へ
【STEP2】修復部設計セレック治療の流れ
スキャンした画像を元に、コンピュータの3D画面上で修復物を設計。モニター上にてあらゆる角度から歯の形態や噛み合わせの調整を行い、理想的な形にしていきます。設計後、一人ひとりに合ったセラミックブロックの色を選定します。

次へ
【STEP3】修復物作製セレック治療の流れ
コンピュータで設計されたデータをもとに、ミリングマシンと呼ばれるCAMでセラミックブロックを削り出し修復物を精密に整えます。

次へセレック治療の流れ
【STEP4】口腔内セット
出来上がった修復物を口腔内へセットし治療完了です。

患者さまに合わせた審美素材

審美素材当院では、最先端の歯科医療技術を駆使し「審美的・機能的」な治療を行っています。審美的・機能的な治療において最適な素材はセラミックだと考えます。一言にセラミックと言っても、様々な種類や用い方があります。

患部の広さや状態によって、詰め物にするか被せ物にするかなど、治療方法は幅広く選択できます。当院では、患者さま一人ひとりの状態やご要望に合わせそれらを様々に組み合わせ、バランスの取れた美しい口元を作り出しています。

インレーとクラウンの違い

インレー(詰め物) インレー(詰め物)
セラミック(陶材)製の詰め物のことをセラミックインレーといいます。本来の歯と同じ色で作製するため、見た目がとても自然に仕上がります。金属の詰め物が気になる方や、虫歯治療をした箇所を埋めるために用います。

クラウン(被せ物)クラウン(被せ物)
セラミッククラウンとは、歯をすっぽり覆う形で作られるものです。金属を使用せず陶器のみですので、金属アレルギーの方にもおすすめです。色調がキレイで透明感があるので、自然の歯に近い見た目を再現することもできます。前歯などの目立つ部分の歯の治療に用います。

審美素材の一例

オールセラミックオールセラミック
オールセラミックは、金属を一切使っていない、天然歯に近く審美性の高い人工歯です。天然歯の色調や透明感を再現することが可能です。また、強度に優れており前歯などに適した素材です。

ハイブリッドセラミックハイブリッドセラミック
ハイブリッドセラミックは、硬いセラミックに粘りのあるレジン樹脂を混ぜたものです。噛み合わせる歯に強い素材なので、噛む力が必要な奥歯などに適しています。

ジルコニアセラミックジルコニアセラミック
ジルコニアセラミックは、オールセラミックの審美性と金属の強度を併せもっています。自然な白さで口元をより美しく見せてくれます。前歯や奥歯、どちらにも適しています。

メタルボンドメタルボンド
金属のまわりにセラミックを貼り付けた被せ物をメタルボンドといいます。中身が金属な分オールセラミックよりも強度があり、表面がセラミックなので審美性もあります。しかし金属を用いているため歯ぐきの変色や金属アレルギーが起こる可能性もありますので、強度が必要な奥歯などに用いることが多い素材です。


トップへ » 診療科目 » 審美歯科


PAGE TOP