トップへ » 診療科目 » 義歯(入れ歯)

入れ歯の違和感にお困りの方へ

噛むことを楽しめる快適な入れ歯を見つけましょう。たくさんの種類から患者さま一人ひとりに合った入れ歯をご提供します。

入れ歯

「入れ歯が痛い」「食べたり話したりすると浮いて外れてしまう」
そんな入れ歯に関するお悩みをお持ちの患者さまは多いはずです。このようなお悩みを我慢する必要はありません。入れ歯は見た目を補うだけのものではなく、噛む機能の回復を促すものなのです。

噛み合わせが合っていない入れ歯を装着していると、食事をおいしく食べられなかったり、肩こりや頭痛に悩まされたりします。さらに、顎関節症や頸椎・胸椎・腰椎などの脊柱への障害などのリスクも高くなります。ですから、入れ歯の不具合は我慢せずにすぐにご相談ください。

噛むことと認知症の関係

噛むことと認知症の関係咀嚼は脳への刺激となることから、認知症と大きく関係しているのではないかと考えられています。

実際に認知症が進んでいる高齢者の方の中には、合っていない入れ歯を使用している方や流動食をメインとされている方が多くいらっしゃいます。そして、入れ歯であってもしっかり調整を繰り返し、噛んで食事をするようになったら認知症の症状が改善したというお声もあるのです。

当院でぴったりな入れ歯を作ろう

【当院の特徴1】お口にフィットした痛くない義歯入れ歯
当院では、患者さまのご要望を時間をかけてお伺いし、丈夫で長持ちする入れ歯を製作しています。

<当院が提供する入れ歯>
●落ちない・浮かない・痛くないつけ心地の良いもの
●見た目が美しいもの
●噛む機能を回復できるもの

【当院の特徴2】たくさんの種類からお選びください
入れ歯には、プラスチック床のものやソフトデンチャー、金属床など多くの種類があります。それぞれに特徴や特性を持ち、使用する素材や構造などによって耐久性や費用も異なってきます。

当院では、患者さまのお口の状態やご要望、ご予算などを踏まえしっかりご案内しお選びいただいています。

当院の入れ歯の種類

ノンクラスプデンチャー(インプラント義歯)ノンクラスプデンチャー(インプラント義歯)
入れ歯にインプラント治療を組み合わせることで、従来の総入れ歯では難しかった「しっかり噛みしめる」感覚と、美しい見た目を両立することができるようになります。吸着ではなく直接インプラントに入れ歯を固定することができるので、間に物が挟まったり入れ歯がずれる際痛みもありません。また入れ歯が外れる心配もありません。今までの入れ歯に不満がある方は、一度ご相談ください。

<ノンクラスプデンチャーの特徴>
●見た目にバネが見えない、自然の歯に近い仕上がり
●食べ物を噛みしめる感覚がある

コンフォートデンチャー(総義歯・部分義歯)入れ歯の種類
入れ歯の裏面を生体用シリコーンで覆った新しいタイプの入れ歯です。

<コンフォートデンチャーの特徴>
●生体用シリコーンの弾性で歯ぐきにかかる負担を軽減
●抜群の吸着力
●「痛い・噛めない・外れやすい」といった従来の入れ歯の悩みを解消
●歯ぐきを保護

金属義歯入れ歯の種類
快適性や安定性の高い丈夫で薄い金属義歯です。

<金属義歯の特徴>
●口に入れた時の違和感が少なく食事や発音がしやすい
●熱をしっかり伝えてくれるので火傷予防にもなる

保険適用の精密義歯入れ歯の種類
プラスチック床が中心となり、普段使いには支障はありません。入れ歯を作るのが初めての方や入れ歯かインプラントかお悩み方は、まずこちらでのお試しをおすすめしています。


トップへ » 診療科目 » 義歯(入れ歯)


PAGE TOP