トップへ » 診療科目 » 一般歯科 » 虫歯はどうやってできる?

虫歯はどうやってできる?

虫歯はどうやってできる?口腔内に細菌が繁殖し、食べ物に含まれる糖質を餌に発生した酸が、歯の表面を溶かして穴を開けていく状態を一般的に虫歯と言います。そして、こういった虫歯ができる過程を「脱灰(だっかい)」と呼びます。

初期の脱灰であれば、唾液に含まれるカルシウムやリンによって修復することができます。この現象を「再石灰化(さいせきかいか)」と呼びます。食事をする度に、口の中では「脱灰」と「再石灰化」が日常的に繰り返されているのです。

こういった「脱灰」と「再石灰化」のバランスが取れている場合は虫歯になりにくい状態と言えます。ですから、毎日の歯磨きの徹底や、必要以上の糖質摂取を控えることなど、健康的な食生活への改善が一番の虫歯予防となります。

ですが、脱灰に再石灰化が追いつかなくなり、初期の状況以上に進行してしまった脱灰=虫歯は、二度と自然治癒することはありません。ですので、そのような状態になってしまったら早めに歯科医院に通うことをおすすめします。


トップへ » 診療科目 » 一般歯科 » 虫歯はどうやってできる?


PAGE TOP