トップへ » 診療科目 » 歯周病治療 » 歯周病と全身疾患

歯周病と全身疾患

歯がグラグラして抜けてしまう歯の病気だった歯周病。しかし近年、歯周病と全身的疾患との関係が指摘されています。

誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)との関係
寝たきりや高齢による抵抗力の低下が進むと、口腔内に大量の歯周病菌が発生します。その結果、誤嚥性肺炎を発症する可能性が出てきます。

早産や低体重児との関係
歯周病菌による口腔内の炎症が血管を通して全身に回ることがあります。そうすると、羊水にも影響を及ぼし早産や低体重児の原因となってしまいます。

心臓発作(心筋梗塞)との関係
重度の歯周病に侵されてしまうと、歯周病菌が血管内にまで入り込み血液と共に全身の臓器に侵入してしまいます。歯周病菌の一種である、血栓(血のかたまり)を作る作用で、心臓の血管を詰まらせ心臓発作を引き起こすこともあります。


トップへ » 診療科目 » 歯周病治療 » 歯周病と全身疾患


PAGE TOP