トップへ » 診療科目 » 歯周病治療 » 歯周内科とは?

歯周内科とは?

歯周内科とは?これまでの歯周病治療では、歯周病の原因である菌を消すことができませんでした。歯ブラシの訓練や歯石除去、外科治療など痛い思いをしながら、何ヶ月もかけて治療をするのが当たり前。それでも、ブラッシングをちょっとサボると悪化してしまったりという繰り返しでした。

そこでおすすめしたいのが歯周内科。これまでの歯周病治療とは異なり、お薬を服用した治療で歯周病の原因菌に直接作用することができます。歯石を除去する前に内服薬によってカビや歯周病菌を除菌するのです。

この治療法は、歯周病によって歯ぐきや溶かされた顎骨が受けたダメージを再生可能にしました。抜歯するしかないグラグラになってしまった歯であっても、「歯周内科」ならば残すことが出来るのです。

お口のカビって?撃退法は?
歯周病の原因の一つとされる、口の中の「カビ」。直接的な原因にはなりませんが、歯周病菌の住み家となって守ってしまう役割を持ちます。口の中にカビがあると、歯磨き粉などに含まれている薬用成分が歯周病菌に届かないのです。

厄介なことに、このカビ自体は歯磨き粉に含まれている薬用成分では死滅してくれません。ですので、治療にはカビ除菌用の特殊な薬が必要となります。


トップへ » 診療科目 » 歯周病治療 » 歯周内科とは?


PAGE TOP