トップへ » 診療科目 » 審美歯科 » セレック治療の流れ

セレック治療の流れ

1日で治療が完了してしまうセレックシステムの流れをご紹介します。

【STEP1】スキャン(型取り)セレック治療の流れ
まず治療する部分を削り、3D光学カメラを使用し患部を撮影(スキャン)。型取りの不快感を味わうことなく数秒の作業で患部の歯列がモニター上に再現されます。(※症例により型取りが必要な場合もあります)

次へ
【STEP2】修復部設計セレック治療の流れ
スキャンした画像を元に、コンピュータの3D画面上で修復物を設計。モニター上にてあらゆる角度から歯の形態や噛み合わせの調整を行い、理想的な形にしていきます。設計後、一人ひとりに合ったセラミックブロックの色を選定します。

次へ
【STEP3】修復物作製セレック治療の流れ
コンピュータで設計されたデータをもとに、ミリングマシンと呼ばれるCAMでセラミックブロックを削り出し修復物を精密に整えます。

次へセレック治療の流れ
【STEP4】口腔内セット
出来上がった修復物を口腔内へセットし治療完了です。


トップへ » 診療科目 » 審美歯科 » セレック治療の流れ


PAGE TOP