トップへ » 診療科目 » 小児歯科 » 小児矯正

小児矯正

小児矯正歯並びは見た目だけではなく、お子さまの健康や発育に大きく影響します。矯正歯科治療は、自然の発育に合わせて行える幼少期が最も好ましいのです。

矯正治療をはじめる適したタイミングは、一人ひとりの歯並びや噛み合わせなどによって異なります。早い時期に治療をはじめるのがベストなお子さま、反対にある程度の成長を待ってからはじめるのがベストなお子さま。しかし、特に問題となる箇所が目立たない場合にも進行しているケースがあります。

こういった問題は学校の健診ではなかなか見つけられません。そのため、永久歯の前歯と奥歯が生えてくる6歳から7歳頃には、一度来院していただき検診を受けていただきたいと考えています。

●お子さんのこのような症状はありませんか?
・乳歯が早く抜けて生え替わりの永久歯がなかなか出てこない
・永久歯の一部が生えはじめているのに上の乳歯が残っている
・食べ物が噛みにくいと感じる
・食べ物を噛みしめることができない
・いつも口で呼吸をしている
・指しゃぶりや舌癖などの癖がある

上記の症状が見られる場合は、是非一度当院にご相談ください。

子供の矯正歯科治療のメリット
●時間に自由が利くので治療をしっかり受けられる
●顎骨の成長を治療に生かせる
●歯が動きやすい
●治療期間の短縮
●抜歯をしないで済む可能性が高い


トップへ » 診療科目 » 小児歯科 » 小児矯正


PAGE TOP