トップへ » 当院が選ばれる理由 » トータルな治療をご提供 » 当院の「保険治療」と「自費治療」について » 保険治療と自費治療は相違点

保険治療と自費治療は相違点

保険治療と自費治療歯科治療は、保険治療と保険外の自費治療に分けられています。保険治療と自費治療では、治療費に約3倍から10倍以上の違いがあります。

保険治療のメリットは、安価で治療を受けることができます。軽度の虫歯治療などは保険治療で十分有効な治療が期待できます。

しかし、保険治療では治療方法が限られ、限られた時間・費用の中での治療となってしまうことが多いので、重症の虫歯などの難治療においては、期待できる治療結果に至ることは非常に難しい傾向にあります。

また、あらかじめ決められた材料しか使うことができないので、治療結果を長持ちさせることが難しく、また、審美的な面などで課題が残ることがあります。

補綴などの型取りから自費治療は違います
精度の高い被せ物や詰め物などの治療を行なうためには、正確な歯型を取る必要があります。噛み合せなどにも関わってくる、とても重要なプロセスの型取りですが、使用する素材は保険治療と自費治療では大きく異なり、自費治療のほうが、よりしっかりとした型取りが期待できます。

技術や技工に時間をかけることができます
自費治療において、詰め物などの補綴物は、歯科技工士が作成します。
当院では、経験の豊富な優れた歯科技工士に補綴物を作ってもらっていますが、保険治療の補綴物を作る場合は、その作製に時間的な制約が生じてしまいます。

それに比べ、自費治療の被せ物の場合は、時間と手間をかけて、ていねいに作ることができます。その分制作費も高くなりますが、高品質で変形の少ない材料を用いて作製することが可能となり、結果として精度の高い治療を行なうことができます。

また、当院ではインプラントや入れ歯など、より精密な高い品質を求められる自費治療の補綴物については、専門的な技術をもった歯科技工士に依頼しています。


トップへ » 当院が選ばれる理由 » トータルな治療をご提供 » 当院の「保険治療」と「自費治療」について » 保険治療と自費治療は相違点


PAGE TOP