トップへ » 診療科目 » 小児歯科

当院の小児歯科で歯医者さんへの苦手意識を克服

虫歯のない人生を送るためには、幼少期からのケアが重要です。当院で、歯医者さんへの苦手意識を克服してください。

小児歯科

当院では、お子さまの不安や緊張を少しでも和らげられるよう、お母さまと一緒に診療室に入っていただけます。また、診療室やユニットにゆとりがありますので、お母さまがお子さまを抱っこする形でユニットに座っていただくことも可能です。そんなスタイルが、たくさんのお母さまにお喜びいただいています。

<お母さま方のお声>
「ほかでは治療できなかったから、ここで治療してもらえて良かった」
「診療室に一緒に入れるから、子供連れで自分の歯の治療にも来られる」
「治療を受けている間もお互いの姿が見られるから安心」

押さえつける治療はしません小児歯科
「歯医者さんは怖い」そんな苦手意識を持ったお子さまは多いです。しかし当院では、お子さま一人ひとりの性格や成長に合わせて治療を行いますので、他の医院で治療ができなかったお子さまもご安心してお連れください。

すぐに治療を始めるのが怖い、という場合には治療の強制はしません。診察台に座っていただきお話をしたり、口に器具を当ててみたり、そんな練習からはじめましょう。無理なく自然に治療がはじめられるよう、まずは医院の雰囲気に慣れていただきます。

また、押さえつけて治療をするようなことはありません。治療を始めてから動いてしまうことは危険を伴いますので、そういう場合には、お母さまに許可をいただいてから押さえることにしています。

小児矯正

小児矯正歯並びは見た目だけではなく、お子さまの健康や発育に大きく影響します。矯正歯科治療は、自然の発育に合わせて行える幼少期が最も好ましいのです。

矯正治療をはじめる最適なタイミングは、一人ひとりの歯並びや噛み合わせなどによって異なります。早い時期に治療をはじめるのがベストなお子さま、反対にある程度の成長を待ってからはじめるのがベストなお子さま。しかし、特に問題となる箇所が目立たない場合にも進行しているケースがあります。

こういった問題は学校の健診ではなかなか見つけられません。そのため、永久歯の前歯と奥歯が生えてくる6歳から7歳頃には、一度来院していただき検診を受けていただきたいと考えています。

●お子さんのこのような症状はありませんか?
・乳歯が早く抜けて生え替わりの永久歯がなかなか出てこない
・永久歯の一部が生えはじめているのに上の乳歯が残っている
・食べ物が噛みにくいと感じる
・食べ物を噛みしめることができない
・いつも口で呼吸をしている
・指しゃぶりや舌癖などの癖がある

上記の症状が見られる場合は、是非一度当院にご相談ください。

子供の矯正歯科治療のメリット
●時間に自由が利くので治療をしっかり受けられる
●顎骨の成長を治療に生かせる
●歯が動きやすい
●治療期間の短縮
●抜歯をしないで済む可能性が高い

小児矯正治療の流れ

【STEP1】第1期治療(学童期)小児矯正
顎の形が大きく変わる成長期です。永久歯が生え揃っていない場合はまず、顎の骨を正しい成長に導き、歯を支える土台の機能を持たせる治療を行います。また、前歯の生え方が悪く噛みにくい場合、前歯のみの歯並びを治療する場合もあります。ここでの治療がうまくいくと、第2期治療期で永久歯を抜かずに治療ができる可能性が高くなります。

次へ
【STEP2】第2期治療(中学生以降)小児矯正
中学生から高校生になると歯と骨がしっかりしてくるので、大人と同じ矯正歯科治療が可能になります。上下すべての歯にブラケットを装着し、全体の噛み合わせを改善する治療です。このとき、第1期で歯の土台をしっかり整えておくと、通常より治療が短期間で完了できます。

当院のおもな小児矯正治療メニュー

床矯正小児矯正
床矯正とは、歯を抜かないで行う矯正方法です。入れ歯のような形をした床装置で固定し、歯を動かしたりあごを拡大して歯並びや噛み合わせを整えます。

舌側(ぜっそく)矯正
矯正装置を歯の裏側に付け、表側からはまったく見えない矯正方法を舌側矯正といいます。通常のものより違和感を覚えやすく治療期間が多少長くなります。


トップへ » 診療科目 » 小児歯科


PAGE TOP