トップへ » 診療科目 » 小児歯科 » 小児矯正治療の流れ

小児矯正治療の流れ

【STEP1】第1期治療(学童期)小児矯正
顎の形が大きく変わる成長期です。永久歯が生え揃っていない場合はまず、顎の骨を正しい成長に導き、歯を支える土台の機能を持たせる治療を行います。また、前歯の生え方が悪く噛みにくい場合、前歯のみの歯並びを治療する場合もあります。ここでの治療がうまくいくと、第2期治療期で永久歯を抜かずに治療ができる可能性が高くなります。

次へ
【STEP2】第2期治療(中学生以降)小児矯正
中学生から高校生になると歯と骨がしっかりしてくるので、大人と同じ矯正歯科治療が可能になります。上下すべての歯にブラケットを装着し、全体の噛み合わせを改善する治療です。このとき、第1期で歯の土台をしっかり整えておくと、通常より治療が短期間で完了できます。


トップへ » 診療科目 » 小児歯科 » 小児矯正治療の流れ


PAGE TOP