トップへ » 診療科目 » 審美治療 » 銀歯をジルコニアに交換する治療

銀歯をジルコニアに交換する治療

虫歯治療の際に、保険が適用されるという点を重視して、銀歯を入れる人は少なくありません。
銀歯は丈夫で壊れにくく、安価な装置装置ですが、一方でデメリットも存在するのが現実です。

近年では材料の開発や改良により、金属を使用しなくても十分強い材料が出てきました。
当院では、体に優しいジルコニアを使用した治療にも力をいれております。

ジルコニアの特徴

ジルコニアの特徴ジルコニアは、二酸化ジルコニウムとも呼ばれ、人工ダイヤモンドともいわれています。

セラミック系素材の中でも圧倒的に丈夫で、身体への影響が少なく、金属アレルギーの心配もないのが特徴です。

色も白く審美的なので、天然歯とともに調和のとれた自然な印象を与えます。



<ジルコニアのメリット>
●虫歯の再発防止
●審美性に優れている
●金属アレルギーの心配がない
●強度が高く、割れや欠けがおこりにくい
●前歯・奥歯と幅広い歯科治療に使用可能

<ジルコニアのデメリット>
●自費診療の為、治療費がやや高額となる
●天然歯より硬いため、噛み合わせる歯がすり減る可能性がある


ジルコニアに適している治療

虫歯治療に伴う詰め物・被せ物
義歯・入れ歯・インプラント・ブリッジ
強度や柔軟性が求められる奥歯の治療
噛みしめ癖がある患者様
歯ぎしり癖がある患者様
金属アレルギーの患者様


セラミックとジルコニアの違い

セラミックとジルコニアの違い従来のセラミック歯には金属に比べて脆く割れやすい欠点がありました。 そのため奥歯の治療や歯ぎしり癖のある患者様にはお勧めする事ができませんでした

ジルコニアはセラミックの一種であり"ジルコニアセラミック"とも呼ばれていますが、従来のセラミックと大きく異なるのが耐久性です。

ジルコニアは、ダイヤモンドのような輝きだけでなく、金属に匹敵するほどの強度を誇ります。そのため「適応できる歯が多い」ことが従来のセラミックとの大きな違いです。

銀歯のメリット・デメリット

<銀歯のメリット>
●保険診療の適応範囲で、比較的安価
●耐久性があり長持ちする

<銀歯のデメリット>
●金属なので色が目立つ
●銀歯の下で虫歯が再発する
●口腔内で金属が腐食して成分が溶け出し歯や歯茎の色が黒ずんでしまう
●お口の中の金属から溶け出したイオンが金属アレルギーを引き起こす場合がある


「見た目は気にしないので、保険で安価に治療が可能な銀歯で十分」とおっしゃる方もいらっしゃいます。
確かに「安価」である事は大きなメリットですが、銀歯にはまだまだ認知されていないデメリットが数多くあります
ドイツなどの医療先進国では、銀歯に使われるパラジウムが体に与える悪影響を考慮して、パラジウムフリー(パラジウムを含まない)の金属を使う事を強く推奨しています。

このような理由も踏まえ、当クリニックではメタルフリー治療をおすすめしています

銀歯とジルコニアの比較

項目 銀歯 ジルコニア
見た目 銀色で目立つ 自然
硬さ 硬い 非常に硬い
におい 金属臭 ほぼしない
アレルギー あり なし
汚れ 残りやすい つきにくい
平均耐用年数 2~5年 5~10年
保険適用 あり なし
値段 安価 やや高額

お口の中全体の健康の為

以上の素材を比較すると、治療後の虫歯再発防止、見た目の仕上がり、耐用年数を考慮すると、ジルコニアが最もバランスが良く、当院でおすすめできる素材です。

当院では銀歯を使用するリスクを知った上で、安価だからと銀歯を勧めるのは不誠実であると考え、選択肢としてジルコニアをご提案させていただいております。

トップへ » 診療科目 » 審美治療 » 銀歯をジルコニアに交換する治療


PAGE TOP